給湯器の水抜き


皆さんこんにちは。
お正月もあっという間に過ぎてしまいましたが、皆さんは如何お過ごしでしょうか??
今回は,弊社管理部で行っている作業の一つ、「給湯器の水抜き」について投稿したいと思います!
冬になると、よくお湯が出ない等のお電話を受けることがあります。
経年劣化はもちろんですが、原因の一つに「配管に溜まっている水の凍結」が考えられます。
給湯器の配管に溜まった水が、寒さで凍ってしまい、膨張して給湯器の配管が破損してしまうのです
それを防ぐため管理物件においては、管理スタッフにて、予め水抜きという作業を行います。
給湯器についている止水栓を閉めて、水抜き栓を開けて、配管に溜まった水を抜きます。
最初に止水栓を閉め損ねると、盛大に水をかぶります。※以前それでびしゃびしゃになりました(;_:)
水抜き栓を開けると、一定量の水がでるので、出し切ります。
水が出きったところで、水抜き栓を閉めます
その後、キッチンや浴室のお湯側の水栓をひねって、こちらも水を出し切って・・・・終了★
これで給湯器の水抜きは完了!
動画もアップしてみましたので、興味のある方はご覧下さい。
ではまたのお楽しみに★
 

関連記事

  1. 不動産屋さんは物件紹介所ではありません

  2. 涙、涙の節約術 乾燥対策

  3. 上手く行くと素晴らしい店舗(賃貸)併用住宅

  4. これは便利 でも嫌な人は嫌だろうなぁ。

  5. 借地権の物件。所有って何だ?

  6. 本日は月末。物件のお引渡し(決済)でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。