500兆円が消えた!

先日ラジオで聞いたお話しです。

アメリカ人が不動産にかけたお金と
今それを売却したらという金額はほぼ同じ。

それに対して日本人が不動産にかけたお金と
今それを売却したらという金額はマイナス500兆円!
だそうです。
(何年の期間で計算したかは失念しました) 

その主な原因は、日本の中古住宅評価。

アメリカなどではリフォームで価値を上げることが
当たり前に起こるのに、日本では木造住宅は22年で
法定耐用年数を迎えることから、20年経つとゼロです・・・
みたいな査定になっています。

法定耐用年数=寿命ではありません。
(単なる税務上の原価償却期間) 

こんなことが原因で、国の富が500兆円も減っている。

以前このコラムでも取り上げましたが、家の寿命は実は
結構長い。大事に使って建て替えのサイクルを延ばせば
余計な支出を、もっと価値あることに回せます。 

高齢化社会やら何やらでお金がたくさん必要なのに
不動産で500兆円も損している場合ではありません。 

当店としましても、引き続き住宅の価値をしっかりと評価
していくことで、中古住宅の価値を守る一因になって
行きたいと思います。 

既に住宅をお持ちの方は、お手入れして長持ちさせて
頂きたいですし、これから購入される方はぜひ中古も
検討の対象に入れてくださいね。 

中古パワーを有効活用しましょう!

 

 

関連記事

  1. 資格を持っていないとできないDIYもあります。

  2. 不動産お役立ち(営業マンの方へ)

  3. マイナス金利を生かす

  4. 海面上昇や津波のシュミレーションのホームページご紹介

  5. ちょっと小休止をいただきます。

  6. セルフ相続登記流行中

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。