顔から火が出た話

こんにちは。
営業部の細淵です。
今回は「顔から火が出た話」について書きたいと
思います。(イラスト:細淵画伯)
子どもが社会人になる程の年齢になると、心も
鈍感になるもので「恥ずかしい」と思う気持ちを
失いがちではないでしょうか?
そんな年齢の私が、「恥ずかしい」と思った話は
こうです。
*************************
全く分からない言語を話す人をあなたが観察しているとします。
言葉は全く分からないのですが、観察しているあなたは
その人が温和で思いやりにあふれた優しい人なのか、
性急で粗暴な人なのか、謙遜な人なのか、傲慢な人なのか
感じ取ることができます。
話している内容も大切ですが、話し方はとても大切です。
*************************
私の話し方はどうなのか?
自問自答した時に (*_*⇒炎炎炎 ゴォーという音がする
くらい顔から火が出ましたよ。

工事現場の交通誘導をしている方でもジェスチャーが
とても傲慢で命令調で不愉快な方と、丁寧で謙遜で爽やか
方とがいらっしゃるので、これは真理だなと思います。
・優しく
・温和に
・爽やかに
・謙遜な態度で
・相手に敬意をもって
良い話し方ができるよう努力して行こうと思います。
難しい状況でも・・・
友だち追加

INSTA

関連記事

  1. 春が来ました

  2. オートレース予想!!

  3. トイレの神様計画

  4. 【備えあれば憂いなし】

  5. おすすめ物件情報

  6. 吉野家 牛重

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。