閑静な住宅街←要注意

不動産の広告で見かけるセールスポイントに
「閑静な住宅街」という文言があります。
皆様どんな住宅街を想像されますか?
私は区画整然とした街で、わりと上品な方々が
質の良い住宅に住んでいる様子を想像します。
ところが
実際見に行ってみると「閑静」というよりは
「さびしい」とか「田舎」だったりします。
一軒ポツンと家があって
「おいおい住宅街じゃないだろ」なんて
突っ込みたくなるような物件も・・・
人がいないから静かかもしれないけれど、季節によって
セミやカエルが大合唱なんて場合もね。
そもそも、「静かさ」をアピールするという
事は、利便性に関するセールスポイントがない事
でもあります。
「駅徒歩5分!」とか
「●○スーパー100m」とか
利便性の良さをアピールしたいけど、何も無い
場合、「閑静な住宅街」が登場してしまいます。
今はグーグルのストリートビューである程度
街の様子がわかるので、見に行ってガッカリ
ということは避けられますので、
「閑静な住宅街」を見かけましたら、一応
チェックしてから、見に行く事をおススメします。

関連記事

  1. 東京カンテイ

  2. 引っ越しは大変です

  3. マイナス金利を生かす

  4. 私道の植木

  5. 境界杭・境界標は大事です。

  6. 冷暖房費激減のエコな住宅とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。