重要事項説明・契約・決済・引き渡しを一日で完了・・・つづき

こんにちは。細淵です。

昨日のつづきです。

あまりやりたくない一日で取引を完了させる方法
ですが、積極的にこの方法を使う場合とは?

例えば売主が金銭的に困窮しているとします。

その売主の不動産を当社で買う取引があるとして
普通に取引しようとすると心配が生じます。

・手付金を不動産取引と別な何かに使い込まれて
 不動産取引ができなくなってしまわないか? 

・契約から決済・引渡しまでの間に、物件に差押え
が入ってきたりして取引不能になってしまわないか?

もしそういう事が起これば、売主の契約違反な訳です
が、契約違反でも違約金が支払えるような状態では
無いのですから、裁判で勝っても意味が無い・・・

「無いものは払えない」という無敵状態の
相手とは戦う意味がないのです。

そうするとこちらも無敵状態になっていないといけません。
・契約の手付金を払わない方法
・契約後の手続きが進まず、解約もできずお手あげにならない方法
として一日で全てを完結させる方法が浮上します。
こういう場合には積極的にこの方法をとることがあります。

前回の私の場合は、とにかく買主様のスケジュールに余裕が
取れなかったということで、止むを得なくの取引でしたが・・・

「良い子はマネしないように」の特殊な取引ですね。 

関連記事

  1. 繁忙期始まる!

  2. 住宅ローン ピンチ

  3. 親が元気なうちに公証役場へ行こう

  4. 農地と宅地

  5. 人にはどれほどの土地が必要か?

  6. 完成前の建売住宅を買う

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。