農地と宅地

こんにちは。細淵です。
農地と宅地の違い。お分かりですか?
細かい特殊事項を挙げるときりがないので
大原則で見てみましょう。
農地は
・固定資産税がとても安い
・建物は建てられない
・売買が制限される
 
宅地は
・固定資産税が高い。特に未利用地は激高い。
・建物は法律の範囲で自由に建てられる
・売買は自由
 
お客様から、「あの畑の一部を売ってもらえないか
農家さんに掛け合ってくれ 」なんて言われることが
あるのですが、農地は農業目的で使用することを
条件に、税金の減免を受けているので、宅地のように
自由に売買できないと思ってください。
農地の中には買うことのできる人の要件を定めている
所もあり、5000平米以上の農地を耕作している人で
なければ、いくらお金を積んでも購入できないことに
なっていたりします。
「農地を入手して、住宅を建てることは無理」
と覚えておきましょう。

関連記事

  1. 他社は何をしているのか?

  2. 餅は餅屋。プロは違うな。

  3. ペットについて考える(犬編)

  4. お金をかけずに空室を減らす為にすぐにできる事。空室対策【その5】

  5. 評価証明なんて取っちゃダメ

  6. 覚書ひな形

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。