路地状敷地

売買営業部の細淵です。
敷地延長とか路地状敷地とか
旗状地とか言われている土地。
こんな土地↓を購入する場合
の注意点の巻です。

一般的に道路に接する間口が広い
土地ほど価値が高まります。
そして、最低2mは道路に接する
間口が無いと、建築ができません。
お車不要の方であれば最低の2m
でも良いかもしれませんが、来客用
のことを考慮すると、一般的5ナン
バー車の幅が1.7mですから、
2mでは通路に駐車すると乗り降り
はムリです。
すると最低でも2.5mは欲しい
のですが、間口2.5mでも隣地
との境界ブロックがどこに積んで
あるか(境界上・内・外)によって、
実質2.3mしかない場合もあ
るので注意が必要です。
また車の乗り降りの問題だけではな
く、車の横を自転車を押して通行す
ることなどを考えると、できれば3
m以上の間口を希望したいものです。
(売り物件で多いのは2.7m)
この路地状敷地。
道路に10m接する正方形の土地など
に比べると、価格が安く、安価に大き
な家を建てたい方にはオススメの場合
もあります。
立地によっては、囲まれている感が
強い物件もありますが、意外と開放感
抜群の物件などもあるので、路地状
敷地であるというだけで、
候補から外すのはもったいないです。
間口の広さが合格なら、ぜひ見に
行ってみましょう!
性格は暗いけど抜群の美人とか
見た目はなんですが、愛嬌抜群
とかいろいろありますから。
上記図面は当社の社有物件ですが、
間口3.4m。高台で開放感もあります。
ぜひご覧ください。
浦和駅徒歩15分
建築条件なしの売地
さいたま市緑区太田窪1丁目
3650万円(平成24年2月6日現在)
詳細はコチラ

関連記事

  1. 今週末の売り出しチラシ

  2. 家庭菜園

  3. 堅実なお客様

  4. 瀬ケ崎のオープンハウス

  5. 不動産屋さん「どこまでやるの」

  6. 懸垂幕川柳 第三弾

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。