趣味のお話

島根です。
前々回の私のブログで「観たい!」と言っていた映画、バードマンをようやく観に行ってきました。

公開から約1か月。
まだまだ余裕だろうと思っていたら、レイトショー1回のみの上映。
まさかの上映終了間際でした。アカデミー賞なのに。
 
パンフレットも購入したのですが、
「バードマンのパンフレット下さい」とお願いしたところ
レジの子は完全に「ガードマンですね」と返してきました。
きちんとバードマンのパンフレットは購入できましたが、
公開1か月経っても作品名がスタッフに浸透していませんでした。アカデミー賞なのに。
 
ネタバレになるので内容には触れませんが、とても面白かったです。
エドワード・ノートンがすごくかわいかった!
 
 
 
映画は友人と2人で観に行ったのですが、この友人と先日タイルアートをしたのでその時のことを。
以前から興味はあったものの、大変そうで何となく一人では手を出しづらくて友人を誘ったのです。
 
まず材料はこちら。

 
小さなタイルはネットに貼り付いているので、それを水で溶かして剥がします。
 
 
そしてどんなデザインにするかを実際に並べて考えます。
  
どれも大して変わらない…
が、これに決めました。

 
決まったらフォトフレームに貼っていきます。
目地材を流し込むので少しずつ間隔を開けるのがポイント。

ちなみにちょっと見えているスタバのマグカップは容量がトールサイズのかなり大きなものです。
 

分かりやすいようにバナナと比較してみましたが、
あまり分からないうえに、ちょっと笑っているみたいな写真になってしまいました。
 
お茶をがぶ飲みしながらタイルを一列貼ってはトイレに行き、二列貼ってはトイレに行き、
ようやく貼り終えたものがこちらです。

友人のはコレ。

 
そしてしばらく乾燥させてからいよいよ目地材を塗っていきます。
水で溶いて、いい具合の硬さにしたら…  緊張が高まります。

しっかり溝に入るように、こんな感じ…とイメージトレーニング。

イ目地トレーニングです。
 
ダジャレも華麗に決まったところで実際に塗るのですが、塗っている途中経過の写真は撮り忘れました。

塗り終えた。
 
最後に目地材が乾いたら余分を拭き取ります。
 
ただし、ここで新聞紙を敷かないと非常に残念なことになります。

机のことはあきらめて、きれいに根気よく拭き取れば完成!!

初めてにしてはなかなか素敵なものができたのではないでしょうか。
思っていたよりも手軽で楽しかったのでハマる予定です。
 
最近は少し自分のために使える時間が増えてきたので、また色々なものを作っていきたいと思います。
 
 

関連記事

  1. 新年も、もう2月へ。。。

  2. ばらを見てきました。

  3. 進入禁止

  4. 私のランチ

  5. 近況報告

  6. 感謝・称賛・ねぎらい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。