評価証明なんて取っちゃダメ

こんばんは。細淵です。

「評価証明」というのは固定資産税を算出するに
当たり、不動産をいくらと国が評価しているかを証明する
書類です。

この評価証明は登記の費用算出にも使いますので
不動産屋さんは馴染みが深い証明書です。

取得するのに一通200円が相場だと思います。
土地・建物それぞれ取ると200×2=400円。

それから「公課証明」という証明書があります。
これには不動産の固定資産税額と都市計画税額が
記載されており、これを基に税金の日割清算をしたり
します。

これも土地・建物それぞれ取得すると400円。
合計800円を支払っている不動産屋さんがほとんど
だと思いますが、同業者の皆さん違いますか?

これを半額にすることができます。
「全部事項証明」という証明書を取るのです。
評価額も税額も記載されています。 

これは評価証明としても使えますから、原本を
司法書士に渡し、コピーを税金の清算に使えば
何の問題もないでしょう。これで半額。

タダにする方法もあります。

売主さんが固定資産税・都市計画税の納付書を
持っており、そこに固定資産評価額も載っていれば
それを評価証明の代わり使う事も出来ます。税額も分かるしね。
(納付書を借りたり返したりが面倒なので普通やらないだけです)

知らなかったでしょ。 
こういう知識があると不動産屋さんでも一目置かれますよ。
まぁ営業マンはそれより売り上げですけどね。(笑)

 

関連記事

  1. 瑕疵担保責任は負いません

  2. DIY賃貸

  3. そのソファー購入、ちょっと待った!

  4. 当社屋上から中継です

  5. 雪の予報

  6. 不動産のマイナンバー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。