自転車くんをお忘れなく。

マンションに限らず、一戸建てでも
「あれっ?自転車はどこに止めるの?」
という物件が実は結構あります。
一般的な4人家族でしたら3台か4台は
ある自転車。駐輪には結構なスペースが
いります。
敷地の形状によっては、車をどかさないと
自転車の出し入れができない場合もあり、
これは結構不便ですので考えものです。
どう考えても道路に停めるしかない物件も
ありますが、ご近所からクレームが入る
ことも考えられますのでご注意を!
自転車は雨ざらしにとっても弱いので、雨よけ
対策もできればしたい。
最近の家は屋根がぐっと突き出した軒下のある
家はほとんど見かけませんからね。
・土地が狹い
・外壁の防水性が高い
・サッシの防水性が高い
・屋根にコストをかけない
・エアコンの普及
等の理由で、屋根が極小の家ばかりですが
省エネや家の耐久性を上げるには、屋根が
建物から突き出している家がおススメです。
・夏の日差しを防ぐ
・冬の日差しは取り込む
・雨は屋根だけで防ぐ
・大雨でも窓を開けることができる
・自転車の雨よけになる
などなど、私は屋根の突き出している家が
形としても家らしくて好きです。
茅葺きの農家の家みたいな・・・イイね
おっと話がずれました。
マンションですと、「1住戸2台まで」という
所が多いです。間に合わないお宅は、部屋の前
に子供用自転車を置いたりすることになります。
いずれにしても、日常生活の友、自転車くんの
存在をお忘れなく!

関連記事

  1. 農地と宅地

  2. 空き家は全国で820万戸、2033年には2150万戸に達する

  3. 重要事項説明・契約・決済・引き渡しを1日で完了

  4. 新築マンション販売のからくり

  5. 車庫・カーポート・カースペース

  6. 雪に強い道

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。