老人ホーム初見学

こんにちは代表の小西です。
 
先週、私は初となる有料老人ホーム等の高齢者施設を
スターツのK氏と、当社溝口と秋葉の計4人で
施設見学に行ってきました。
(その際、親切丁寧にご説明を頂き、有難うございました。)

 
見学した感想は
心身共に健康である(あろうとする)ということは、
お年寄り本人のみならず、家族への負担軽減や
国の健全化(税金の負担軽減)に、
とても大切なことだと実感しました。

 
高齢者の健康比率を高めて「健康寿命」を伸ばすことは、まさに1石三鳥。
人も家族も国もハッピーになる秘訣だと思います。
※平均寿命  ー (何らかの支援や介護等が必要な期間) = 「健康寿命」
しかし最近この健康寿命が短くなり始めているのです

平均寿命 - 健康寿命 = サードライフ (スターツ独自の定義)
 
一概に少子高齢社会と悲観ばかりせずに、
健康なお年寄りを、もっと奨励する社会風土になれば
いろいろな面で効用がでてくるのではないか。
どの世代も、それぞれに大事。
互いに尊重する努力。
当社も同じ。
 

 
 

関連記事

  1. はまってみました。

  2. 果樹園浴(サクランボ編)

  3. こんにちわー

  4. 上野動物園断念

  5. ママチャリ事情

  6. 1歳のお誕生日でした

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。