老人のお金を使わせようとし過ぎ

こんばんは。細淵です。

政府がいろいろな経済政策を出しています。

・三世帯同居促進

おじいちゃん・おばあちゃんの貯金を頭金に
息子・娘がローンを組んで、孫夫妻もそこに
住めば、介護も子育てもセルフで済むかもしれない。

→皆が険悪な状況になり、単身世帯が4つ5つ
  できるだけかもしれない・・・ 

・子供や孫への贈与税軽減

老人はお金を持っていても使わないので、若い
世帯に贈与させることでお金の流れができる
かもしれない。

→自分の労働以外の臨時収入で何かをすると
  宝くじ当選者がその後の人生を踏み外すのに
  近いことが起きるかも知れない・・・

霞ヶ関のエリートが知恵を絞って、いかに老人の
お金を少しでも早く世の中に放出させようかと考えて
いるようですが、お金を使わせた結果が、社会保障費
と不幸な国民の増加だったりして・・・ 

ネガティブ過ぎかな?

 

関連記事

  1. 土について

  2. 住宅の常識 お国が違えば変わります(2)

  3. 久しぶりに当社屋上から中継です。

  4. ペットについて考える(犬編)

  5. 良い大工さんの見分け方

  6. 仕事環境の変化・変化してはいけないもの

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。