繰り上げ返済の新常識はこれだ!

こんにちは。細淵です。

前回「繰り上げ返済」についてのコラムを書きました。

書いたら書いたで、果たして内容が私の思い込み
ではないだろうか?とか気になるものです。

暇な時間にネットで調べてみて、目を開かれた事が
ありましたので、お伝えします。それは・・・

期間短縮型の繰り上げ返済が、返済額軽減型より
経済的優位性が高いとは言えないという事です。 意外でしょ。

期間短縮型の繰り上げ返済は、確かに返済回数は減る
のだけれども、最終返済期限も短くしてしまう。
つまり35年で返せば良いものを30年とか25年に短縮
してしまうという事です。(そして再度延ばすことは原則無理)

返済額軽減型は最終返済期限は変わりませんので長期間
借りる権利をキープできる。 しかも軽減された金額をまめに
繰り上げ返済していけば、経済的効果も期間短縮型とほぼ
変わらないそうです。(他人のシュミレーション鵜呑み)

・たとえば金利1%、35年返済、毎月10万円返済の状態で5年目に
期間短縮型の繰り上げ返済をして残り30年が約25年になった
とします。毎月絶対に返済しないといけない金額は10万円のままです。
(3540万円の借入に対し450万円の繰り上げ返済で計算) 

返済回数は減りますが毎月10万円が支払えなければ抵当権が実行され、
家を手放すことになる状況は何も変わりません。

・同じ条件で返済額軽減型の繰り上げ返済をした場合
毎月の返済額は8万7千円くらいになります。
この浮いた1万3千円を繰り上げ返済することもできますし
何かの支払いに使ってしまう事も出来ます。 

どうですこの自由感。フリーダム!

毎月10万円が支払えないと家を手放すことになるのと
毎月8万7千円でとりあえずOKでは感じが違いませんか? 
何かによる収入減へのリスク対応度が高くなります。 

今はネットバンキングで繰り上げ返済の手数料は無料が
スタンダードで、しかも少額からOKの銀行が多いですから
これからの常識(主流)は返済額軽減型になるでしょう。 
(もちろん期間短縮型のほうが良い方もいます) 

昔は繰り上げ返済に数万円の手数料がかかり、しかも100万円以上
でないと繰り上げ返済できないとかだったんですよ~ 

 

関連記事

  1. 土について

  2. 相続税が増税。その対策。

  3. キャンセル

  4. もうすぐ節分 マンションで豆まきはNG?

  5. オープンハウスに行ってきました。今日も行くけど。

  6. ドラえもん営業にご注意!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。