給湯器エラーコード 88or888

皆様、明けましておめでとうございます。
管理部の西澤です。
本日は給湯器におけるエラーコード88or888問題についてです。

昨年の夏、我が家の給湯器パネルにエラーコード88が出現
【なんだろう?】と調べてみると2008年製造以降のリンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス社製
の物は10年経過後?10万回点火?でこのエラーコード出るようです。

内容は、異常や故障を知らせるものではなく、お使いの給湯器の標準使用期間が過ぎたことを知らせる表示です。
そこで必要となるのが、各メーカーによる点検です。点検料が掛かります。1万円前後
また、異常個所があった場合はその箇所の修理・部品交換、最悪の場合は本体交換となる様です。

エラーコードは出ますが、給湯器自体は操作可能です。
しかしながら、正常表示とエラー表示が交互に現れるのでとても目障りでした(我が家のパネル)

何とか消してやろうと、ネットやYouTubeで調べましたが、消す方法はメーカーさんしか
知らないとの事です。
結局、メーカーさんに依頼し1万230円の出費となりました。
安心料とはいえ、メーカーさん良い商売ですねー
(後で分かったのですが、どうしても消したい場合は教えてくれるそうですw
※ガスや電気を使い火を起こす機械ですので点検しましょう!!)

そこで問題になるのは、築10年の物件をご所有の大家さんです。
10世帯であれば10万円・100世帯であれば100万円
この出費は当時の計算に入っていない事でしょう。

我々、管理部もいろいろ手配しなければいけないので、大変です・・・
それでは、またお会いしましょう!!

 

関連記事

  1. 休日

  2. はじめまして♪

  3. 映画と映画館について語ってみる。

  4. 中古住宅 大切に売らせていただきます。

  5. 新車購入しました!

  6. 新キッズルーム

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。