相続物件を放置しておくとマズイですよ

ある所にAさん一家がありました。
Aさん、奥さん(B)、息子(C)、娘(D)の4人家族です。
以下敬称略
Aが亡くなりB、C、Dの3人が不動産を共有相続しました。
時価1億円の不動産としておきましょう。
ついでBが亡くなり、C、Dの2人がBの持分を共有相続しました。
しかし、C、Dともに、それぞれ幸せな家庭を築いており、
経済的にも恵まれた生活をしているので、特に不動産を
売却して現金にする事も、自ら利用することもありません。
月日が経ちCが亡くなりました。
Cには奥さんと子ども4人(E、F、G、H)がいて、
Cの持分を相続します。
この物件の所有者が2人から6人に増えました。
そんな時Dに経済的不幸があり、お金が必要に
賢明な読者の方はお分かりだと思いますが、共有不動産は
全員の承諾がないと売却できないので、時間とともに売却が
大変になる可能性があるのです。
Cの子どもEが仕事でアメリカに住んでいるだけでも大変ですが、
Fが行方不明とか、Gもすぐに亡くなってGの奥さんと子ども3人が
所有者に追加とか、Hがなぜか猛烈に売却に反対とか、Dも亡くなって
相続人がさらに6人追加とか・・・
時価1億円の資産は売却できず、利用もできず、固定資産税を
支払う為の不動産になってしまいます。
相続が起きた時点で、解決するものはすることが大切だと
思いますが、いかがでしょうか?
CとDの2人で共有している時に売って5000万円ずつ
分ければ、あとはどうにでもなったでしょうに。
まぁその5000万円が原因で不幸のどん底に突入という
ケースもあるところが人生ですが・・・

関連記事

  1. 重曹でフロ掃除 ピカピカ

  2. 単管パイプ

  3. ローン必要書類

  4. 宅建業者法定研修会に行ってきました

  5. お客様と飲みに行った。

  6. わかっていても・・・

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。