瑕疵担保責任は負いません

こんばんは。細淵です。
不動産の販売図面を数多く見ると、「瑕疵担保免責」
という物件を見ることがあります。
瑕疵というのは欠陥のことですので、物件を売った後
に欠陥があっても責任をとりませんよということです。
売主様にもいろいろと事情があって、お金に余裕が
無い場合などは、欠陥の修理を請求されても不可能
だったりする場合がありますし、そもそもその家に
住んだことのない人が売主になる場合もあるわけで
(相続など)悪意無く欠陥を知らない場合もあります。
そこで瑕疵担保責任を負いませんという特約が機能
してくる場合がありますが、気をつけていただきたい
のは、嘘や隠蔽は保護されないということです。
いくら保障はしない契約でも、不具合を隠蔽して売れば
それは信義則に反するわけですから・・・ダメですよ。
売主様はその点、心して当たらなければいけません。
また、買主様としては売主が瑕疵担保責任を負わない
ということは、自分にとってはマイナス材料ですから
価格の交渉を多めにするとか、プロの検査を依頼する
とか、何か対策を練らないと大変なトラブルを抱える
かもしれません。

関連記事

  1. なるべく安く畳替え

  2. 境界の明示義務

  3. 他社は何をしているのか?

  4. 安い家賃は不幸の始まり?

  5. 路地状敷地

  6. 500兆円が消えた!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。