消える仕事・・・不動産仲介業

今後10年以内にコンピューターやロボット
に取って変わられ消える可能性が90%以上
ある職業にバッチリ登場してしまいました。

すでに不動産業界はネットの荒波にさらされ
駅前の好立地にお店があるだけでは集客が
できなくなっています。
自分で調べるのは面倒だから駅前の不動産屋
に入って紹介してもらうというお客様も一定
数は将来もいるでしょうが・・・

今や不動産情報はスマホやPCで相当数の
写真まで無料で見放題ですから、わざわざ
不動産屋さんに出かける必要もなし。

試しに自分で相当調べてから不動産屋さんに
行ってみてください。不動産屋さんから紹介
される物件はほぼ100%知っている物件です。

そのくらいプロと消費者の情報力に差が無い。

もはや不動産屋は情報提供産業としての価値は
ゼロとは言いませんが、ゼロに近いとも言える。
「こんな物件が出ました」といっても
「その物件は知ってます」みたいな・・・
そんなやり取りが10回も続けば、お客様も
悟ります。「情報力に差が無い」と。

消えないようにするには、コンピューターに
できない仕事をしていくしかないですね。

それは大きく3つあると私は思っています。

同業者様のヒントにならないように、あえて
ここでは述べませんが(器がとても小さい)
しっかりがんばっていきたいと思います。

消費者の皆様は、知っている情報ばかりを提供
してくる不動産屋さんに、振り回されることなく
良い不動産屋さんとお取り引きされますように。

物件が同じでも、どこの会社に問い合わせを
するかで大きく結果が変わったりします・・・

当店も選んでいただけるように、がんばります。

関連記事

  1. 給湯器の水抜き

  2. 店頭を改装しました。

  3. 繰り上げ返済の新常識はこれだ!

  4. マイナス金利を生かす

  5. 親が元気なうちに公証役場へ行こう

  6. 暖冬ですが、一応水抜きしてお休み頂戴します。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。