永く住める住宅

売買営業部の細淵です。
引き続き以前のリサイクルです。
本日は永く住める住宅(一戸建)
について書いてみたいと思います。
といっても、構造体がどうこう
ではなく、立地と間取りの観点
からのお話です。
私が家を選ぶにあたって、介護
ヘルパーのお客様から聞いた
忘れられない言葉がありました。
「最後は1階だけで暮らすように
なります」

そこで私が家を購入する時に選択肢
から消えたのは
・玄関までに階段のある家
・1階だけで生活できない家
でした。
起伏のある場所にお住まいだった
り、3階建てだったり、日当たり
確保の問題で2階リビングだった
り、色々な難しい点がありますが、
私に賛同していただける方もいら
っしゃると思います。
・玄関まで車イスで到着できる
・1階だけでも生活できる
そんな家を永く住める住宅として
私はオススメします。
あまり、将来を悲観的観測で考え
たくありませんが、現実的に長い
間、ご苦労される方もいます。
万事休すの直前まで、スタスタ歩
ける老人になりたいものですが…

関連記事

  1. マイナス金利を生かす

  2. 安い家賃は不幸の始まり?

  3. 空き家は全国で820万戸、2033年には2150万戸に達する

  4. 不動産物件の写真

  5. 新店舗の写真集

  6. 実印も認印も効力は同じです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。