来年の不動産業界

今年最終日になりました。
お読みいただいた皆様ありがとうございます。
2018年もよろしくお願いします。
 
2018年不動産業界はズバリ人工知能AIを含めた業務自動化の年になりそうです。
大銀行が凄い人減らしを発表しましたが、不動産業界
でも業務の無人化・自動化が進んでいます。
物件確認の無人化など、数年前は考えられなかったですし、
通信機能つきの玄関キーなどが安価に開発され、鍵の管理や
受け渡しの手間も近々
無くなるでしょう。
物件の紹介はAIが休むことも、見逃すこともなく行い
物件の調査や契約書作成はネットでワンタッチ・・・
現在3
人でやっている仕事が1人でできるようになります。
そうして余った戦力を、どこに使うかで勝負が決まりますね。

 
 
 
 
 
 
お客様に喜ばれてこそ・・・
それでは失礼します。
 
公式LINEはじめました。  →→ 友だち追加
INSTAGRAM でも情報公開中 →→INSTA

 
 

関連記事

  1. 越境について

  2. 重要事項説明・契約・決済・引き渡しを1日で完了

  3. 瀬ケ崎のオープンハウス

  4. 測量図をめぐる争い

  5. 浦和の不動産は浦和の不動産屋さんへ

  6. 埼玉りそな銀行がやってくれました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。