新鮮な物件情報を得るには?

物件情報がネットで沢山検索できますので
不動産屋さんからの紹介は不要ですという
お客様がいらっしゃいます。
紹介がわずらわしいという一面は否定できません
が、紹介を断るということはネットに出る前の情報
は一切その方には行かないということです。
そもそも我々不動産会社が売り物件情報を得てからの
一般的な行動パターンとしましては
1.自社あるいは仲良しの会社で買えないかを検討。
(この時点で換金を急ぐお買得の物件は消えます)

2.不動産会社が仕入れるほど安くは無い物件は
物件紹介をご依頼いただいているお客様に紹介。

(1)優先するお客様は希望条件、お勤め先、ご年収など
   詳細を伺っており、しかも物件のご紹介をするとお返事
   を必ず頂ける方が最優先になります。
営業マンも人間なので、物件をご紹介してもお返事のない
お客様や、ものすごいバリヤを張って一切ご自分のことを
教えてくれないお客様に
優先的に新鮮情報をお届けしよう
とは思えないのです・・・ 


(2)そのお客様で決まらない場合は、他のお客様にもご紹介
していきます。

3.それでも決まらない場合はネットで公開しまだ見ぬお客様を募集します。
勘違いしないでいただきたいのはネットに公開された物件は
全てが売れ残り物件ではないこと。
売り物件を預かった不動産会社が、手持ちのお客様がいなければ
最初からネット登録しますから・・・新鮮な情報もあります。
ただ、良い物件情報が欲しい方は、やはり地元の信頼できそうな
不動産会社にはご自分の希望条件や、個人情報を伝えて最優先
で情報を得られる位置におられた方がお得では?と思います。
そうしておいても人気地区はなかなか見つからないですから・・・
とにかく本気度をしっかり不動産会社に伝えて、連絡が来たら
必ず返事をしていれば、営業マンだって本気になるのです。
いろいろなご提案もしますし、言いにくい本音もお伝えして
何とか良い物件をご紹介したい・・・人間だもの・・・ 
ネットをまめにチェックするのも大事ですが、こんな事も
覚えておいて使ってください。

関連記事

  1. 細長い家

  2. ローン必要書類

  3. 私道の植木

  4. 埼玉りそな銀行がやってくれました。

  5. 来年もよろしくお願いします。

  6. 物件を最初に紹介してくれた不動産屋さんで買わないといけないのでしょうか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。