敬老 喜哀

賃貸部 溝口です。

6月長女に3人目が誕生し、5人の孫(👦 👧 👧 👧 👨)の爺となりました。⤴
因みに私は3人兄弟で、
兄・・・👧 👨 👧
姉・・・👦 👧 👧
私・・・👧 👧 👨
といずれも👨一人 👧二人 の3人の子を授かっておりますので、
最大 3×3=9人 の孫の世話をしなければならないのかなーと、一応の覚悟はしております。

そんなところ、先日敬老の日朝に、次女の二人の孫から’敬老の日’用のスクラップブックをプレゼントされました。⤴

 

最初の孫誕生後6年経過しましたが、今まで敬老の日といっても、
特におじいちゃんおじいちゃん、おばあちゃん・・・・・というような言葉や贈り物もなかった
(孫ができたところで、自分はマダマダ’敬老’される歳ではないと自負していたこともあり)ので、
嬉しいやら哀しいやら。さらに、夜、長女、次女の孫等の
’おじーーちゃん、おばーーちゃん、いつもありあがとーー、・・・・・’の
労い合唱動画が送られて来て、その時点で家内共々、正式に“祖父・祖母”の地位を認めることにしました。😢😢

思えば近況、
ケイタイ、財布、眼鏡・・・etc の行方が分からず探す時間が増えたこと、や
人の名前、漢字・・・を思い出せなかったり、
哀しいかな、加齢を自覚せざるを得なく、毎年の敬老の日にスクラップブックに想い出が増えていくことを楽しみに、体力はマダマダ大丈夫そうなので、仕事と孫の世話は頑張ろう!!と、改めて決心した今日この頃です。

 

関連記事

  1. かなり、遊べます。

  2. 目標

  3. しあわせな年末年始でした

  4. 東京駅開業100周年記念Suica

  5. 二度と行きたくないお店&また行きたくなるお店♪

  6. 60593分の1

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。