担保提供にご用心

例えばこんなケース。

Aさんが持っている土地30坪に
息子が家を建てて住むことになりました。

息子は住宅ローンを組んで家を建てます。

Aさんは無償で土地を貸すのですが、住宅
ローンの貸し出し金融機関は、建物だけ
ではなく、土地も担保に入れて欲しいと
融資条件を出してきます。

Aさんは快諾。(これを担保提供といいます)
住宅ローンは実行され、息子さんの家が完成。

ところが数年後・・・

息子さんの住宅ローンが滞りました。

物件は競売に・・・

息子さん名義の建物はもちろん、Aさん名義の
土地も強制的に売却されます。

担保に差し入れて、抵当権や根抵当権が登記
されるということは、そういうことですので
ご注意ください。

それでは、こういうことを防ぐにはどうするか?

担保提供を拒否すれば良いのですが、すると
住宅ローンを借りることがかなり難しくなります。
恐らく頭金を半分くらいは用意する必要が生じる
のではないでしょうか・・・

住宅ローンを貸す方は貸す方で、万一の際に
しっかり備えているのです。

関連記事

  1. 民法214条クイズ

  2. めざせマッチョ【ゴールドジム東浦和】

  3. 「告知事項あり」とは?

  4. 早速店頭掲示を変えてみた。

  5. 引っ越しは大変です

  6. ごあいさつ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。