意外な日本一 川口市が今熱い!

こんにちは。細淵です。

さいたま市の隣、私の自宅のある川口市が
日本一になりました。マスコットのキュポランが、じゃないですよ。

何が日本一かといいますと、2015年の「建売住宅の販売戸数」
です。その数2344戸。ダントツの1位です。

2位は足立区で1963戸

3位は千葉県松戸市で1832戸

・東京から近い
(人口減少地域では建売も厳しいでしょう。川口市は増加中。) 

・地価がそこそこ安い 
(地価が高いところはマンションが主流でしょう。)

納得の材料があるのですが、日本一というとやはり意外です。 

ローコスト住宅を建てるパワービルダー系の新築だと
2,000万円台前半、いや処分セールなら1,000万円台後半
もありえる川口市。(川口駅のそばなどは高いですが・・・)

所得が伸びない今、月7、8万円くらいの負担で
駐車場付きの新築一戸建に暮らすのも悪くないですよね。 

賃貸物件よりも条件が良くなっているのかもしれません。

また、鳩ヶ谷市と合併して新生川口市となったことも一因かと。
政令指定都市以外の市では日本一巨大な人口を抱える市
になったと記憶しています。(鳥取県より人口が多い)

川口市が今熱い!?

川口市での家探しもぜひ当店にお任せください。

 

関連記事

  1. 住宅ローンという名の借金

  2. ミラーレースカーテン

  3. 接客コンテスト

  4. グーグルストリートビューとインドアビューでお店まる見え

  5. ペットについて考える(猫編)

  6. 測量図をめぐる争い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。