実印も認印も効力は同じです。

実印とは役所に印鑑登録をして印鑑証明を発行
してもらうことにより、その印鑑の所有者の住
所・氏名が証明できる印鑑になります。
実印は一人1本しか登録できませんので、実印
以外の印鑑は総称すると認印になります。
認印の中で、銀行に登録している印鑑を銀行印
と呼びますが、実印・銀行印・認印全てを1本
でまかなってもかまいません。100円ショップ
の物でも良いのですが、いわゆるシャチハタは
ゴム系のスタンプなので変形のしやすさから、
印鑑と認められないようです。
私は仕事柄多くの方の実印を拝見しますが、ほと
んど100円ショップの印鑑という方はおらず、
ハンコ屋さんに頼んで作っておられますね。
素材も象牙や水牛や木製・石製など素敵なものが
ありますね。

写真の印鑑は就職祝いに親戚から頂いた、象牙の
印鑑で、使いこむうちに朱が染みて味が出ます。
やはり印鑑の国というか、欧米のようにサインで
済む国と違い、皆様こだわりも大きいようです。
印鑑の枠が欠けているとお金が貯まらないとか、
印鑑にお金をかけないと・・・とか、皆様も
いろいろ聞かされたことがあるのでは?
しかしどの印鑑を使おうが、本人が押印していれ
ば法的効力に差はありません。
「認印で構わないから」なんて言葉で、軽く
署名・捺印しないように気をつけましょう!
では、なぜ実印というものがあるのかというと
本人が押印した可能性が高いことが、比較的簡単
に証明できるからに他なりません。
銀行がお金を貸す時や、不動産を売る時の押印は、
必ず実印を要求されます。
が、認印でも本人の署名がすぐ隣にあれば、まず
言い逃れはできませんよ~ご用心。

関連記事

  1. 接客コンテスト

  2. 家のありがたさ、感じてますか?

  3. 不動産ネット取引解禁

  4. 自殺があった物件と病死のあった物件

  5. 大雨の被害 お悔み申し上げます。

  6. 夏季休業をいただきます

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。