完成前の建売住宅を買う

建売住宅は、建築確認申請が許可になると
販売開始することができます。
つまり、まだ何も着工していない状態の
建売住宅が販売開始されるのですが、
人気地区などでは即完売というケースも
珍しくありません。
消費者からすれば、見て・触れて・確かめて
完成した家を見て購入したい・・・ですよね。
完成した家を見なければ、決断できない方が
いらっしゃるのは当然だと思います。
では完成してもいない家を買う方は、アバウト
でおっちょこちょいな方なのかというと、全く
それは当てはまりません。
例えばあなたが土地を持っていて、注文建築
で家を建てることを想像してみてください。
どこかのハウスメーカーと契約して家を建て
るのでしょうが、完成してもいない家を買う
のと一緒ですよね。
完成してから買うかどうか決める訳にはいき
ません。よってモデルハウスや、カタログで、
ひとつひとつイメージしていくことになります。
完成していない建売住宅を買う方も、充分な
説明を受けて、出来上がりをイメージし、
納得して契約しているのです。
販売する側も、そのあたりのツールは完璧に
準備してご説明しますので、
「出来上がってみないと分からない」
なんて言わずに、ぜひ出来上がる前から検討
してみてください。
ええ、私たち出来上がる前に分かるようにして
見せますとも!!
多区画の現場などでは、売出し当初は好きな区画
や、間取りが選べるのも大きなメリットです。

関連記事

  1. 越境について

  2. これは凄いアパートだ!

  3. 久しぶりに当社屋上から中継です。

  4. 浦和駅からピタットハウス浦和店までの道のり

  5. 介護 階段たった3段のバリヤ・・・

  6. 浦和の不動産は浦和の不動産屋さんへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。