安い家賃は不幸の始まり?

「安い家賃は不幸の始まり」
昔、営業の先輩から教えてもらった営業
トークの一節です。
私は当時、この人は何を言っているのだろう?
家賃が安い方が良いに決まっているじゃないか。
と思って、聞いていましたが皆様いかがでしょう?
「家賃が安い」とどうなるか・・・
・浮いたお金は全て貯蓄や保険、自分への投資に回す。
という方は現実的にあまりいないのではないでしょうか?
むしろ
・決して有意義とはいえないお金の使い方をしてしまう
方が多いからの格言??と今は受け取っています。
「収入に見合わない安い家に我慢して住んで、夜の街で
豪遊したり、高級車に乗ったり、ブランドで身を固めたり、
見栄をはって節約を考えない生活をしたりするのはバラン
スが悪いですよ。不幸になりますよ。」
ということなのかと。
家は大切な生活の拠点です。
まず、そこにしっかり必要なお金をかける。
そして余ったお金の範囲で生活をする。
それが短いようで、長い人生を不幸から守るのではないでしょうか?
これって不動産屋ならではの考えですかねぇ?
もちろん「高い家賃も不幸の始まり」です。生活できません。
ほどほどにバランス良く行きましょう!

関連記事

  1. 新鮮な物件情報を得るには?

  2. 任意売却パンフレット

  3. 実印も認印も効力は同じです。

  4. 大掃除お役立ち情報

  5. 民法214条クイズ

  6. 私道の植木

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。