契約優先とは?

物件を気に入っていただいたお客様から
「物件を押さえたい」とのご要望が入ります。
よ~し契約だ!
と・こ・ろ・が・・・
申し込んだ順番で、物件が押さえられると良い
のですが、先着順では無いことも多いです。
一般的に売買物件の場合、物件を押さえるため
には、住宅ローンの事前審査で承認を得ている
事が条件になります。(現金の場合は不要)
住宅ローンが借りられない場合、契約しても白紙
解約となりますので、白紙解約を避ける意味で
当然の条件とも言えます。
売買物件を検討中のお客様。
購入する物件が決まっていなくても、事前審査は
受けることができます。
本格的に物件を選ぶ前に、住宅ローンの事前審査
をしておきましょう。当社経由で簡単にできます。
無料です!
そうしておかないと、気に入った物件が見つかっ
ても、他のお客様に優先権を取られるかもしれま
せん。
さらに最近では、申し込みが早いか遅いかでは無く
住宅ローンの事前承認を得ている上に、契約できる
日が早いお客様を優先するケースがスタンダードに
なっています。これが契約優先です。
「2週間後に契約します」というお申し込みはまず
受け付けてもらえないと思ってください。
なぜならその申し込みを受諾してしまうと、2週間
他のお客様を断り続けないとならないからです。
そして最悪の場合その2週間後の契約がキャンセル・・・
信じられない事に、一言の謝罪もなくキャンセルする
お客様もいるんです。当然の権利みたいに。
違約金とかペナルティはありませんが、人間としての
道義的責任はたっぷりありますからひどい話です。
自分たちの出来心で、色々な関係者に迷惑がかかって
せめて「ごめんなさい」くらい言えばいいのに
まぁそんな時は、こういう人と長いお付き合いが始ま
らなくて良かったと思うしかないんですけどね。
あぁ愚痴になってしまった。
気に入った物件を逃さず契約するには(売買物件の場合)
・住宅ローンの事前審査で承認を取っておく
・購入を決断したら、翌日には契約するつもりで動く
以上頭に入れておいてくださいね!
細淵でした。

関連記事

  1. ペットについて考える(犬編)

  2. 任意売却とは

  3. 建物は何年もつか

  4. タッチの差で・・・・・

  5. 単管パイプ

  6. ホームページを少しずつ変える(2)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。