大雨に負けない家

こんにちは。細淵です。
台風の影響でさいたま市も大雨となっています。今後も予断を
ゆるしませんので、皆様お気をつけください。
昨晩深夜には滝のような雨の雨音で目が覚めましたが、雨音
が聞こえなくなった途端に、コオロギなど秋の虫が鳴きはじめ
コイツらは凄いなと思いながら再び眠りにつきました。
今後は、異常気象というか、日本の亜熱帯化などで
ますます集中豪雨などを考慮に入れた家選びが大切
になってくるでしょう。
・低地
・ガケの上、ガケの下
・川や用水路のそば
などは、できれば避けたい立地だと思います。
何も起こらなかったとしても、豪雨の度にドキドキするのは
精神衛生上良くありません。
また、もし注文建築で家を建てることができるなら、こんな家が
おすすめです。

屋根で全てを受け止めますので、壁や、家の周りの土は乾燥を
ある程度まで保つことができます。 庇=(ひさし)です。
横殴りの雨でなければ、窓を開けておいても雨は侵入しません。

敷地を大きく取れない、市街地ではやむを得ませんが、上図のように
庇の無い家は直接壁や窓に雨がかかりますので、窓は開けられません。

最近ネットで見つけた庇の大きい家。す、素敵だぁ~。
多少の雨なら、雨を眺めながら外でバーベキューができますよ。

 

関連記事

  1. 500兆円が消えた!

  2. 重要事項説明・契約・決済・引き渡しを1日で完了

  3. 浦和駅からピタットハウス浦和店までの道のり

  4. 建物検査報告書の一例

  5. 空き家管理事業者登録をしました

  6. 住宅の常識 お国が違えば変わります(2)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。