大赤字・・・機械式駐車場の巻

「車離れ」という言葉がありますが、今各地の
マンションで敷地内駐車場の空きが問題化して
います。

利用者は料金を払い、それは所有者で結成する
管理組合の収入になります。その収入が予定通り
入ってこないのです。

駐車場の収支計画を立てる場合、稼働率は悪くて
80%くらいで見ている場合が多いと思いますが
実際50%を切る稼働率のマンションもあります。

機械式駐車場では、昇降機のメンテナンスが法律
で義務づけられており、稼働率と無関係に
メンテ費用はかかってきますので深刻です。

その結果、駐車場収支が大赤字・・・

赤字はどこからか補填しなければなりません。

マンション全体の問題ですから、車を持っていても
いなくても関係があります。

駐車場利用者からすれば
「ちゃんと決められた料金を払っているのに」
という怒りがあるでしょうし

車不要の世帯からすれば
「駐車場を利用していないのに、赤字はかぶるのか」
という怒りがあります。

私が仕事でかかわったマンションでは
とにかく赤字を止めるため、機械式駐車場の解体を
決議しました。

解体には当然莫大な費用がかかりますが、いつ終わる
とも知れない赤字地獄からは解放されます。

こんな問題を抱えているマンションも、これから
増えるかもしれませんね。

関連記事

  1. 老人のお金を使わせようとし過ぎ

  2. 夏季休業をいただきます

  3. 覚書ひな形

  4. 自殺があった物件と病死のあった物件

  5. 介護 階段たった3段のバリヤ・・・

  6. 来年の不動産業界

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。