境界の明示義務

こんばんは。細淵です。

売却依頼をお受けした物件の境界確認に行ってきました。

全部見つかるとスッキリなのですが
残念ながら不明箇所がありました。

不明箇所とは・・・

・コンクリートの境界杭が深く埋まってしまっている

・杭の上にアスファルトやセメントを施工してしまっている

・境界が金属鋲やプレートなど、比較的はがれやすいものではがれてしまった

などの原因が多いのですが、いずれにしても売買にあたり
だいたいこの辺りまでが売買対象の土地ですというわけには
いきませんので、売主は境界を買主に明示する義務があるのです。

但し、この境界明示が著しく困難な物件があり、例えば
境界明示するためには相当の期間と測量費が300万円くらい
かかりますなんていうケースが・・・

その場合、特約で境界の明示はしませんという条件で売買
することもあります。
(プロ向きで一般の方にはあまりおすすめできません)

後日の紛争が無いように、境界明示はできるだけ求めましょう。 

 

関連記事

  1. 用途地域にご注意を!

  2. 燃え尽き症候群にならない

  3. 借地権の物件。所有って何だ?

  4. 洪水ハザードマップ

  5. 空室にお悩みの大家さん

  6. 海面上昇や津波のシュミレーションのホームページご紹介

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。