埼玉りそな銀行がやってくれました。

こんばんは。細淵です。

不動産売買の最終決済では、数千万円を
振り込む場合もあります。

その振込依頼伝票を書いてから、振込が完了
するまで、とても時間がかかることが多く、
我々不動産業者・お客様・登記をする司法書士
にとって、巨大なストレスとなっていました。

20分くらいなら世間話でも持つのですが
1時間近くなると、話すことがないというより
「まだ終わらないの?」というイライラで雰囲気
が悪くなってくるのですね。

本当に処理しているのだろうか?

忘れられているのではないか?

コンピューターを操作するだけなのに・・・

それぞれ、次の予定がある中で、振込の完了を
待つだけの1時間は強烈です。
(ネットバンキングでは即完了なのでギャップがすごいですよね)

 

埼玉りそな銀行がクイックペイという
システムを作ってくれまして、このストレスが
解消されました。素晴らしい!

これは不動産営業マンから強い支持を受けますよ。
間違いないです。 

住宅ローンはこのままだと埼玉りそなの独壇場になります。

他行も追随必至ですね。

 

 

関連記事

  1. 安いものにはわけがある

  2. 境界の明示義務

  3. 税制が変わると人も動く

  4. あと少し! 価格・家賃が折り合わない。

  5. 給湯器の水抜き

  6. 空き家は全国で820万戸、2033年には2150万戸に達する

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。