地積測量図と現場が違うぞ

こんにちは。細淵です・

不動産の境界確認に行ってきました。

地積測量図が法務局に保管されている物件
ですので、あまり難しいことにはならないだろう
とたかをくくっていましたが、

7か所無ければならない境界標が3つしか
見つからない・・・・・

しかも地積測量図では直線になっている境界が
現場であきらかに屈折している・・・・・

何だこれ・・・・・絶句。

地積測量図が昭和43年のものとはいえ資格ある
測量士が法務局に提出した図面。なぜ???

真相はわかりません。

「現場がそうなっているのだから、それで認めましょう。」

隣接の地主さんが皆さん現実的な解決をはかって
いただいたので、全ての境界を表示することができました。
有り難うございました。 

 

関連記事

  1. 測量図をめぐる争い

  2. マイナス金利を生かす

  3. あと少し! 価格・家賃が折り合わない。

  4. 新鮮な物件情報を得るには?

  5. 境界の明示義務

  6. お金をかけずに空室を減らす為にすぐにできる事。空室対策【その5】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。