地方紙購読のオススメ

こんにちは、賃貸部の溝口です。

7年前から購読紙を’埼玉新聞’にしました。

 

 

 

 

 

 

叔父に囲碁を教えてもらった小学4年生頃から、地方紙「山梨日日新聞」の囲碁欄を見るようになり、徐々に番組面、スポーツ面、社会面と読む範囲が広がってきて、高校の3年間には、当時大学試験によく使われると言われた「天声人語」を読むために”朝日新聞’”を3年間とってもらったこと等もあり、Y、M、A、S、NKの一般全国紙を一通り購読してきましたが、会社が浦和に移転後、ある金融機関の待合で’埼玉新聞’を読むようになったのがきっかけで購読を始めました。16ページコンパクトで朝15分程度で読むことができ、1か月2,983円(全国紙より400円~1,000円安い)がお気に入りです。

中でも、埼玉県下東西南北の地域ニュースをきめ細かく掲載された’地域総合面’’

 

 

 

 

 

や県下の少年・中学・高校スポーツ満載の’スポーツ面’、他、県内の政治、経済、自治体情勢など、地方紙特有の’ネタ’を収集でき、特に営業エリアのお客様とのコミュニケーションを図れる情報として役立てています。また、番組面掲載の「きょうの運勢」は能々思い当たることが多く、その日の自身の行動指針として活用しています。

 

 

 

 

「社会人になったらNK新聞は必読」というようなことが言われますが、せわしい世情柄、地方紙購読をオススメします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. あっというまです

  2. 春はすぐそここまで

  3. 振替ってみて1年

  4. 早目にメンテナンス

  5. 今年の目標(すでに2月ですが)

  6. 謙遜か傲慢か

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。