固定資産税の優遇廃止で土地が値下がり

現在、推定で800万戸以上ある空家。

そのすべてが一軒家ではありませんが
相当な数の住めない一軒家があります。

倒壊寸前の家でも、存在することで今まで
土地の固定資産税が6分の1に軽減される優遇が
ありましたが、危険と判断される住宅には
優遇の適用を除外する方向で、法律が改正
されるようです。

今まで年間7万円の固定資産税だった土地は
42万円になりますので、維持するにはかなり
負担となるでしょう。

・駐車場にする

・家を建て直す

といった、所有者が利用することはもちろん、

・維持できないので売る

ということも多くなるでしょうね。

供給が増える=値下がり

ですがどうなることでしょう?

我々業界人からすると、値上がりしても
値下がりしても、とにかく動きがあれば
ビジネスになりますので、これは歓迎すべき
法改正ですね。

隣の家が倒壊しそうで怖い方にも朗報です。

関連記事

  1. 懸垂幕川柳 第三弾

  2. お金をかけずに空室を減らす為にすぐにできる事。空室対策【その4】

  3. 集まる店舗の作り方講座に行ってきました。

  4. 中古物件設備の保証期間は7日

  5. 写真500枚撮った

  6. 住み替え 売り買い同時のお客様

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。