固定資産税の優遇廃止で土地が値下がり

現在、推定で800万戸以上ある空家。

そのすべてが一軒家ではありませんが
相当な数の住めない一軒家があります。

倒壊寸前の家でも、存在することで今まで
土地の固定資産税が6分の1に軽減される優遇が
ありましたが、危険と判断される住宅には
優遇の適用を除外する方向で、法律が改正
されるようです。

今まで年間7万円の固定資産税だった土地は
42万円になりますので、維持するにはかなり
負担となるでしょう。

・駐車場にする

・家を建て直す

といった、所有者が利用することはもちろん、

・維持できないので売る

ということも多くなるでしょうね。

供給が増える=値下がり

ですがどうなることでしょう?

我々業界人からすると、値上がりしても
値下がりしても、とにかく動きがあれば
ビジネスになりますので、これは歓迎すべき
法改正ですね。

隣の家が倒壊しそうで怖い方にも朗報です。

関連記事

  1. 春の新生活応援キャンペーン実施中!

  2. ホームインスぺクション

  3. 任意売却パンフレット

  4. 理想の戸建住宅は平屋?二階建?三階建?

  5. お客様の家が私の実家の近くだった

  6. 嫌悪施設

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。