古里の景色

残暑続き、ビールの消費量が落ちない 賃貸部 ミゾグチです。
今回は、私が生まれ育った古里の風景を見て、少しだけでも ”涼を感じてもらえればと想います。
以下、全て実家近くの『舞鶴橋』上から、季節は前後しますが5月に撮ったものです。
まずは北側 清流”大武川(オオムカワ)”上流方向(今でも橋の上から魚影を見ることができます。小さな時分は釣りはもとより、川をセキ止めヤマメ、鰍、鮎、ハヤなど獲っていました)。
遠方に見えるのが サントリーのCMで みー あすー てんねーんすい♪♪ の甲斐駒ケ岳です。

甲斐駒ケ岳”から南西側に”鳳凰三山(地蔵、観音、薬師岳)までの全て標高2,700mの山々が連なっています。

次は南側 ”大武川下流”方向 遠方に茅ケ岳(カヤガタケ)
この山の麓は年間日照時間が日本一の北杜市明野地区で、太陽光発電で注目の場所です。
そこから南西側に目を向ければ富士山まで見ることができます。

残念ながら、橋の西方向の八ヶ岳(ヤツガタケ)の全景画像がアップできませんでしたが、次回秋の風景で紹介させていただきます。

”涼”
は感じていただけたでしょうか?

関連記事

  1. ナンバープレート

  2. 本日は春分の日 

  3. 老人ホーム初見学

  4. もうすぐGD

  5. 最近の情勢

  6. 初体験

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。