住宅ローン ピンチ

こんばんは。細淵です。

住宅を買う時にローンを利用する方は大変多いですが
住宅ローンは長期間に渡りますので、生活の変化に
よってピンチが訪れることもあります。

ローン取り扱い金融機関によって、ピンチの時に
どれだけ柔軟な対応をして助けようとしてくれるかは
変わりますが、そういう情報は公開されていませんし
恐らく不動産屋さんでも、よく分からないと思います。

実際、自分が住宅ローンを支払えなくなる未来を想像
して住宅を買う方は少ないので、そういう質問を頂く事
はほとんどありませんが 

・会社倒産・収入減
・離婚
・病気・ケガ
・介護
・事故 

住宅ローンが支払えなくなる可能性は誰にでもあります。
そんな時に金融機関の対応は

・一定期間元本据え置きで「利息だけの支払い」
・返済期間の延長
・賃貸して家賃で返済することの承諾 

などが考えられますが、対応のあったかい所と冷たい所は
当然あるのです。

そういう事まで考えて家を買いたい方は、ぜひ当店で
住宅をお探しください。 
普段の業務で得た情報を知りうる限りお教えします。 

 

関連記事

  1. 来年の不動産業界

  2. セルフ相続登記流行中

  3. 新カテゴリー「浦和の不動産屋さん 日常の仕事」リリースです。

  4. 建物は何年もつか

  5. 物件写真

  6. 自殺があった物件と病死のあった物件

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。