住宅の耐久性は上がっているのに家庭の耐久性は?

こんにちは。細淵です。
住宅の耐久性アップが年々顕著です。
・地盤改良や補強
・コンクリートの性能強化
・構造材の精密なカット、工業製品化
・接合金物や免震装置の開発
・防水・湿度管理技術の進化
・メンテナンスを考慮した配管構造
などなど目を見張りますね。ホントすごいです。
私の実家が大した建物でもないのに間もなく築50年
を迎えるのにびくともしていないのですから、今の
住宅なら100年とか平気でもちそうです・・・。
 
と・こ・ろ・が・・・・・・・・
 
どんなに住宅の耐久性が上がっても、肝心の
家庭の耐久性はむしろ年々下がっているのでは
ないでしょうか?

家庭を大切に耐久性の高いものに保たなければ
住宅が立派でも意味がありません。
・お金や物質的なもの
・仕事や地位
・趣味や娯楽
・快楽
・誇りや自己愛
もし家庭より大切にしているものがあれば、
良い住宅に住んでいても、まさに「砂上の楼閣」です。
今はたまたま無事でも、一瞬で崩壊しますよ。
「立派な家に住む崩壊している家庭」より「一致している家庭」
ですね。幸せなのは。家が古くて、小さくても。

本当の宝は住宅ではありません。
本日も皆さまどうぞお幸せに・・・・
家庭の耐久性を高めましょう。

関連記事

  1. 大雨の被害 お悔み申し上げます。

  2. 不動産 委任状で代理契約する場合のやり方

  3. ミラーレースカーテン

  4. 管理費・修繕積立金(2)

  5. 管理費・修繕積立金(1)

  6. 本日のご契約

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。