会津旅行備忘録~その1~

島根です。
 
 
さて。去る8月上旬の第一次夏休み、母の実家である会津若松へ行ってきました。
 
会津には私と同い年と一つ上の従姉妹がいるのです。
祖父母が亡くなって以来すっかり足が遠のいていましたが、二人に会うため数年ぶりに遊びに行くことにしました。
 
 
そうと決まればまずは気合を入れるために美容院へ。なんと約1年半ぶり。
  かなり攻めた前髪。
パーマもかけましたが、以前の記事にもあるようにほとんどかかっていません。
 
 
そして久しぶりの旅行ということで服装も浮かれ気味。
 ※当日の服装
出発地の浦和駅では多くのサラリーマンのジト目を感じながら、
どこぞのリゾートへでも行きそうな格好で四方を山に囲まれた会津盆地へと向かいます。
 
 
 
 
~そして新幹線・在来線を乗り継ぎ約2時間半~
 
 
 
 
 会津に到着。
 出迎えてくれる従妹。
 
 
浦和駅では浮かれた格好が目立ったのでしょう。多くの方に凝視されたのですが、
会津若松駅ではそれ以上の方々に二度見していただきました。
リゾートっぽいのは恰好だけで、どこを見渡しても海はないですからね。
 
 
 
ところで今回の会津旅行、私は従姉妹に会うのが目的だったので完全なノープランです。
久しぶりの会津ということで、なんと従姉妹がいろいろ考えていてくれていました。
 
まず連れて行ってもらったのは七日町通り
レトロな町並みが素敵なところです。
 こんな建物や
 前が工事中だったけどこんな建物。
 素敵な呉服店
私は大学時代に和裁を習っていたこともあり、この呉服店がとても気になりました。
 
ですが近づいてみると
 

野球人御用達のスポーツコンビニでした。
 
 
 
他にもかわいい雑貨屋さんなどが多数あり、テンションが上がりまくりです。
 かわいい!!
 
ところが残念なことにこの日は会津に到着したのが夕方だったため、ほとんどのお店が既に店じまい…
こんなかわいい雑貨を目の前にしながら指をくわえてショーウィンドウを見つめるだけです。
というわけでこの日はとりあえず下見ということで、二日目に改めて七日町通りを散策することにしました。
 
ちなみに
銃弾を体に浴びまくった起き上がりこぼしにも出会うことができました。
 ※蚊取り線香の香炉です。
 
 
 
従姉妹の家は七日町通りから少し歩いた商店街にあります。
明日の散策を楽しみに、久しぶりの従姉妹家へ。
こちらの商店街もなかなか味があり、

エキセントリックなニワトリになっている野口英世のぬりえや
 

もはやつっこみどころしかないブタなどがあり、
とてもほっこりしました。
久しぶりに帰ってきた、という感じがしますね。
 
 
 
 
~二日目・七日町通り再び~
 
 
 
 
どっしゃあぁぁぁ

ざあぁぁぁ

なんでよ!もう!!!
 
 
~昨夜の会話~
伯母「会津も暑いでしょう。ここのところ全然雨が降らなくてねぇ。少しでも降れば涼しくなるんだけどねぇ。」
従妹「降水確率100%なのに降らなかったこともあったんだよ。」
 
で、コレですよ。

 
思えば私は絶望的な雨女でした。
私が遠出すると必ず雨。
友人の結婚式に呼ばれれば必ず雨。
 
もしかして・・・とは思っていましたけどね。
折り畳み傘も常に携帯していますけどね。
 
いいんです。
雨でも楽しめるんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・あれ。
気づけば記事がなかなかの長さになってしまっていました。
 
 
 
というわけで勝手ながら2回に分けての更新とさせていただこうと思います。
私以外の記事を楽しみにされている方、申し訳ありません。
このブログはスタッフリレーのはずですが、
バトンを渡さず一人でトラックを二周します。
 
 
 
 
次回、雨の中無事に会津を満喫することができたのか!?
会社のブログを勝手に備忘録にしている島根による連続の更新です。
 
 

関連記事

  1. 川口市内 マンションの避難訓練

  2. おすすめ物件

  3. 君の名は 聖地巡礼

  4. あと2年くらいかなぁー

  5. 今季のおすすめのアニメ

  6. O様、S様ありがとうございます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。