休暇村那須のキャンプ場に行って来ました。

売買チームの細淵です。
夏休み、昨年に続きペット可の休暇村那須へ3泊4日のキャンプ。
年に一度の写真祭りでがす。(あまちゃん風)

4年ぶりに家族5人がそろい、犬1匹と猫2匹を連れて出発!(いくらペット可とはいえ・・・

途中事故の渋滞があったものの、約3時間で別天地に到着。 朝の気温は16℃

今年はテントを約20年振りに新調しました。随所に工夫があり快適です。
入口屋根の部分にも骨が入るロゴスの最新鋭2ルームテント。王者コールマンも真っ青の出来栄え。
宿泊代が5人3泊で9000円ですから、そのくらいは奮発しないとね。

食べる事、遊ぶ事以外は何もありません。

地元の新鮮野菜に舌鼓。(しいたけ・とうもろこし・とうがらし・・・・)
しいたけはいしづきをつけたまま笠の上だけを焼きます。決して両面焼いてはいけません。
(しいたけ奉行と呼ばれても仕切りましょう) そしていしづきを持って醤油か塩でパクリ。

20年使っているツーバーナー。安いカセットコンロ用ガスが使えて重宝します。ご飯の炊き方を子供に伝授。

宿題が終わって、体力爆発中! 入場料がかかるような人工の施設には一切行きません。

乙女の滝の裏に回り込み成功!
 
楽しい時間はあっという間に過ぎます。
最終日の夜、車で5分の休暇村ホテルのお風呂に入り、キャンプ場に戻ろうとすると
エンジンがかからない。ホテルの方にバッテリーをケーブルでつないでもらうもダメ。
(親切なホテルの方ありがとう) バッテリーではなく完全な故障です!
夜、那須の山中でこんな状況になった時どうするか?参考までに・・・
①落ち着いて保険会社に連絡する
②保険会社がレスキューを呼んでくれる(保険適用)
③レスキューが応急修理を試みる
④直らないので車を搬送する(キャンプ場で人間だけ降ろしてもらう)
⑤騒いでも仕方がないので、何事もなかったように酒を飲んで寝る
⑥日の出とともに起床して、朝ごはんを美味しくいただく
⑦タクシーとレンタカーの手配をする(保険適用)
⑧タクシーで30キロ先のレンタカー屋さんへ連れて行ってもらう
⑨レンタカーで家族と荷物を載せて自宅へ帰る
⑩レンタカーを自宅近くのレンタカー屋さんに返す
⑪車の修理を待つ(修理工場がお盆休みなので)
⑫修理した車を自宅に搬送してもらうか取りに行く(保険適用)
となります。(某アクサの場合)
 
もう一つトラブルが・・・猫が一匹着いてすぐ行方不明に。
「車は一番壊れても困らない時に壊れてくれた」
「猫は死期を悟って、身を隠した」
と思うしかないですね。
ちょっと複雑で悲しい夏休みとなりましたが・・・
充電完了!またがんばります!
 

 

関連記事

  1. 浦和の紹介ブログ ただ今グーグル検索4位

  2. この冬、私がたくさん買い物をするきっかけとなった話。

  3. パンダの赤ちゃん誕生!

  4. トイレの神様計画

  5. イオン板橋前野町店

  6. 売買営業のコニシです。本年も、どうぞよろしくお願いします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。