人にはどれほどの土地が必要か?

こんにちは。細淵です。

夏休みや定休日で更新が不規則になっております。
出勤日はほぼ更新しておりますので、よろしくお願いします。 

夏休みはお盆期間でもあり、お寺に行ってお坊さんの講話
を聞く機会があり、その中に「人にはどれほどの土地が必要か?」
というお話しがありましたのでご紹介します。

これはロシアの民話だそうです。

ある所に大変欲張りな男がおり、そこそこの財を成していました。
男は「もっと土地が欲しいなぁ」「もっと金がほしいなぁ」と、いつも
思って暮らしていました。 

その男の元にある地方の情報が届きます。それは大変お得な情報で
「日の出から日没まで歩いた範囲の全ての土地を100万円で売る」 
というものでした。 ただし、歩き始めた地点に日没までに戻って来れない
時は100万円も土地も失います。

男は日の出とともに歩き始めます。なにせ欲が深いものですから、少しでも
沢山の土地を手に入れようと、想像以上に遠くまで歩いて来てしまい
ました。 「まずい!これでは日没までに戻れない!」

男は必死にスタート地点を目指します。 鬼の形相で何とか日没と同時に
スタート地点に戻った男は、その場で血を吐いて死んでしまいました。

その男を埋葬した人々が言いました。
「この男に必要な土地は、きっかり自分が埋まるだけの大きさだった」と。

欲はホドホドに・・・というお話しでした。 

 

関連記事

  1. 老人のお金を使わせようとし過ぎ

  2. ドラえもん営業にご注意!

  3. 飛び込みのリフォーム営業にご注意

  4. 細長い家

  5. RJ-2

  6. 浦和といえば浦和レッズ!レッズサポーター念願の・・URAWA SOCCER STREET完成

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。