世界の富と格差拡大

こんにちは!

代表の小西です。

 

今回は世界の貧富格差について投稿します。

 

 イギリスの非営利組織「オックスファム」の報告書によると

世界の富の約48%を、上位1%の超富裕層が保有。

※成人一人あたり平均2700万ドルの資産を所有。
(1ドル120円で円換算すると32億4000万)

 

世界の富の約46%を、上位1%を除く上位20%の富裕層が保有。

 

残りの世界の富 約6%を 富裕層を除いた79%の人たちが保有。

 

簡単にまとめると

世界の富の94.5%を、上位21%の人たちが保有。

世界の富の5.5%を、79%の人たちで分け合って保有。

 

しかも2009年には上位1%の世界の富の保有率が44%から

2014年には48%になったことはお伝えしましたが、

2016年には50%を超えると予想されています。

 

以上の詳細レポートは
http://oxfam.jp/news/cat/press/20161.html

 

トマ・ピケティ教授の新・資本論がベストセラーになることもうなずけます。

 

自称「イスラム国」の台頭なども、格差や貧困と無関係ではないはずです。

 

 

ピタットハウス浦和店は浦和パルコの隣にございます。

 

関連記事

  1. バンジージャンプに行ってきました。

  2. 毎週金曜日は・・・・・・・・

  3. 葛西臨海公園で海を楽しんだ

  4. ドスコイとマドンナさん

  5. 60593分の1

  6. 小西ホーム

    おすすめ物件

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。