不思議の国のチームラボ・トーキョー

こんにちは。

営業チームの西尾です。

 

時は少しさかのぼりまして11月、曇天に

冷たい風の吹く中、豊洲にあるチームラボ東京に行ってきました!

(写真は当時の物なので現在の展示と異なる可能性があります)

 

 

 

 

 

 

チームラボとは何ぞや?という方もいらっしゃるかと思います。

ネットによると超巨大な身体的没入空間とあります。

身体的没入空間!?

この説明ではよりわかりませんね。

大きなアートの中に入り込んでアートと一体化、もしくは体感しよう

という施設のようです。要は不思議の国のアリスになろうということです。

※個人的解釈です。

 

ここから体験談的なことを書きますが、何せ11月のことなので記憶が曖昧です。

予めご了承ください。

 

まず入ると長めの廊下があります。異世界に入っていく感じがたまりません。

 

 

 

 

 

 

 

最初のアートは床と壁、天井一面にビーズクッションのようなものが埋め込まれている部屋でした。

文字通り、床や壁と一体化できました。これが身体的没入!!

この後に予定がなければ8時間ぐらい寝ていたかったです。

他にお客さんがおらず、目を閉じればそこはさながら宇宙空間のようでした。(個人的感想です)

 

この時の私はこの先のまだ見ぬ没入体験と周りの子供たちの目を気にして5分ほどで退場。

全部回るのにそこまで時間はかからないのでもう少しいてもよかったと今は後悔。

 

そこから先は正直、アートにはあまり興味がなかったのでサーっと回ってしまいました。

下に泳ぐ魚

 

 

 

 

 

 

 

上に舞う花

 

 

 

 

 

 

 

ギュウギュウに詰め込まれた大きいボール

光の柱の世界は結構楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

※諸事情により写真の技術がないこと、載せられるような写真がないことをお詫びいたします。

 

どの展示も何とか映えしそうですが基本的に人が多いので

恥ずかしさを靴と一緒にロッカーにしまってくる必要があります。

ロッカー?と思った方、写真でお気づきの方もいるかもしれませんが

ここまで裸足でズボンひざ上までまくり状態です。

最後まで読んでくださった方に情報を一つ、

チームラボ東京に行く際はひざ下まで濡れる覚悟と見られても恥ずかしくない靴下の用意をお忘れなく!

また、夏に行くことをおススメします。(個人的見解です)

以上、2019年11月に行ったチームラボ東京の体験談でした。

 

次回は和歌山県にあるという動物園にお邪魔するかも!?お楽しみに

 

 

 

関連記事

  1. 映画と映画館について語ってみる。

  2. タイへ行ってきました2

  3. 花火

  4. 無の境地

  5. 運動

  6. 働くママの強い味方【病児保育】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。