不動産業界 公然の秘密

先般、不動産業界公然の秘密とされてきた
物件の囲い込みにメスが入りました。
ノルマの厳しいS社、M社、T社など(以下物件元という)
に専任媒介で売却を依頼すると、お客様がいないにも
かかわらず、他社の問い合わせに対して「商談中です」と
の対応をし、他社がお客様を紹介できない間に、
物件元が買主も見つけて手数料2倍を狙う問題
です。(仲介手数料を売主・買主からもらう)
売主様は早期契約の機会を損失するばかりでなく
実は満額で買うお客様が、他社の紹介でいたにも
かかわらず、物件元のお客様に値引きして売った
などの経済的損失も多くあったでしょう。
定価で売って売主からの手数料だけよりは
値引きしても売主・買主の両方から手数料をも
らった方が物件元は得するんですからね。
※利益の相反する者の代理を同じ会社が務めるのは
本来おかしい為、この両手取引を法律で禁じよう
とする動きもあります。
囲い込み?
「そういうことはないと認識している」
と政治家みたいなことを各社トップは言っていますが
不動産営業マンなら誰でも知っている事です。
依頼した売主さんの目の前で、第三者の不動産屋さんが
その物件の状況を物件元に確認したら、「契約予定です」
って、まだ一人も案内すらしていないのに、売主さんが
激怒した話なんて、そこいら中のブログにありますよ。
メスが入ったというのは、罰則ができた訳なのですが
これは発覚しにくい問題でもあります。
まぁ内部告発が簡単にできる時代です。
売主様の為には間違いなく良い方向へ進むでしょう。
そういう囲い込みが心配な売主様には一般媒介という
数社に依頼する方法があるのですが、なかなか
他にも頼みますよとは言いにくい方が多いようで・・・
当店は専任媒介でも物件の囲い込みはしませんし
一般媒介でも手を抜かずにがんばります!
ただし4社以上に依頼されるのは正直キツイっす。
できれば専任媒介を・・・
一般媒介なら3社以内でお願いします。

関連記事

  1. ホームページを少しずつ変える(2)

  2. 風呂釜の洗浄に立ち合ってきました

  3. お引渡し前のチェック

  4. 埼玉りそな銀行がやってくれました。

  5. 再建築不可の物件って誰が買うの?

  6. 悪い物件とは?良い物件とは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。