不動産ネット取引解禁

不動産の契約(重要事項説明も含む)が
ネットで完結する方向に向かっています。

(業界としては反対しているらしい。)

まだ、決定したことは何もありませんが
世の中の流れが不動産取引を特別扱いし続ける
とは考えられず、遅かれ早かれ非合理的な
対面形式は必須ではなくなるでしょう。

薬の販売
保険の販売と同じ運命をたどります。

重要事項説明も会社によって、物件によって
4時間を超えることもあり、お客様はもちろん
我々不動産業者にとっても負担になっています。

説明が大切であることは間違いないのですが
読めばわかることまで説明されても・・・ねぇ。

方法としてはテレビ電話を使うとか、いろいろ議論
がなされているようです。

お客様も、我々も質を落とさずに楽になれば良い
ですよね。

このブログで前回も触れているように、不動産屋
さんの役割から物件紹介業が無くなってくると、
(ネットでプロとほぼ同じ物件情報が取れる)
不動産屋さんの役割は物件ガイドと安全に取引を
完了させる契約事務、融資のガイド等になってきます。

契約事務がネットでできると効率が上がる。

効率が上がると参入する企業が増える

大手・ネット関連業者が強くなる

コンビニの数ほどある中小業者が困る

業界としては反対する

ということなのか?

いずれにしても効率は上げないとダメですよね。
効率が上がって困るところは遅かれ早かれ退場です。

関連記事

  1. シャッターチャンスを逃した(T_T)

  2. 肉眼はすごいなぁ~

  3. 家庭菜園

  4. なるべく安く畳替え

  5. 今週末の売り出しチラシ

  6. 進化する住宅・退化する大工

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。