上手く行くと素晴らしい店舗(賃貸)併用住宅

こんばんは。細淵です。

店舗併用住宅とは文字通り店舗と住居を兼ねた
建物です。

例えば3階建てで、1階店舗、2・3階住居のような
建物。

重要なのは住居部分の面積が延床面積の半分
以上であること。そうでないと住宅ローンが利用
できずに事業性の、高い金利でのローンになります。 

ローンの審査も住宅ローンの方が提出書類も少なく
優しいので、ぜひ住宅ローンを使いたいものです。

この店舗で、ご自分で商売をされても良いですが
サラリーマンとしてお勤めの方でも、店舗部分を
貸して家賃が取れれば、住宅ローンの大半を賄う
ことができる場合もあります。

とはいえ心配が無いわけではありません。

空室になって家賃が入って来なかったり、滞納の
リスクもありますし、そもそも同じ屋根の下で他人が
商売をする訳ですから、専用住宅にはない我慢を
することもあるかもしれません。

それにしても、上手く行くと素晴らしくお得ですよ!

上手く行きそうかどうかは、やはりプロの目を通す
事をおすすめします。

気になる物件がありましたら、ぜひ当店にご相談ください。 

 

関連記事

  1. 消える仕事・・・不動産仲介業

  2. 閑静な住宅街←要注意

  3. 涙、涙の節約術 乾燥対策

  4. 住みたい街ベスト10に浦和がランクイン!えっ!?そんな浦和ってどんな街?

  5. 大掃除は今がお得

  6. ブロックは語る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。