ロフトってどうなのよ

こんにちは。細淵です。
今日はロフトについて考えます。

この部屋のように、梯子をあがるとロフトがある部屋があります。

ロフトというのは一般的に高さが1m40cm以内
大人が立ち上がることは困難なので、居住スペースの
扱いにはならないように作ってあります。
(法律上ロフトが1階に計算されないようにしている)
しかし、布団を敷いて眠るには十分。
ここで眠れば部屋が広く使えます。

問題は梯子の登り降りの危険と、寝ぼけて落ちる危険。
落ち方によっては大けがになります。
また、夏場はとにかく暑いでしょう。
おススメは収納か書斎として使う事。
ロフトで就寝するのは自由ですが、日常生活は便利で安全な
場所でするようにしてください。
(浦和の不動産屋さんからお願いです。)

関連記事

  1. 住宅ローン ピンチ

  2. ホームページを少しずつ変える

  3. 新築マンション販売のからくり

  4. 大赤字・・・機械式駐車場の巻

  5. 現場営業マンの暑さ対策

  6. 契約書類は契約日より前にもらいましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。