レインズが変わった

こんにちは。細淵です。

レインズが変わりました。
レインズとは国土交通省指定のインターネットサイト
で不動産会社だけが閲覧できます。

Real Estate Information NetWork Systems
の頭文字でREINSです。 

ここに全ての物件情報は集められ、円滑に取引が
できるように業者間で情報公開されています。

ところが、大手M社、S社、T社が事実上、情報隠し
を行っていることが大きくマスコミの取り上げる所と
なり、 (こんなことはずっと昔からあったのですが)
やっと国交省も動いたのです。

物件の状況確認で私達が電話をすると、「その物件は
契約予定です 」という対応で、他社に物件の案内を
させない。実際には全く契約の予定がないのにです。

これば物件の「囲い込み」と呼ばれます。

そして他社の案内をブロックして、自社のお客さんが
現れるまで待ち、仲介手数料の両手を狙う・・・

その業者を信頼して物件の販売を任せた売主さんは
たまったものではありません。自分の物件は市場に
出ているようで、実際は出ていないのですから。

仮に売れたとしても、本当はもっと早く、もっと高く売れて
いたのかもしれないのです。
(心ある営業マンはこれが嫌で退職する人も多数と聞きます) 

そこで、物件の状況が「公開中」なのか「申込中」なのか
表示することを義務付けると同時に、売主さんもIDと
パスワードで自分の物件が今どういう状態であるかを
確認できるようになりました。

そして、公開中の物件の案内は断ることができません。

もうこれで、案内すら1件も無いのに、「契約予定です」
とか囲い込みの被害にあって、激怒する売主さんが
出ないようになってほしいものです。 

知らぬは売主ばかりなりってね。

関連記事

  1. 仕事がドンドン無くなります。

  2. 身分証明書が無くても即日印鑑登録できるとは

  3. このブログすごい

  4. タッチの差で・・・・・

  5. 今週末の売り出しチラシ

  6. アパート・マンションの音問題

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。