ゼンリン

こんにちは。細淵です。

本日は「ゼンリン」の解説を・・・

「ゼンリン」は住宅地図の会社です。

どなたでも一度はご覧になったことがあるであろう
一件一件家の形や表札の名前が入っているあの地図です。

時代の流れでそういう地図もデータ化されて有料で利用できます。

唐突ですが、住所と地番の違いってご存知でしょうか?
不動産取引や登記ではなぜ地番を使って、住所は使わないのか?

住所(住居表示)は建物が無いと、付けられないのに対し
地番は建物があろうが無かろうが付けられるのです。
つまり住所の無い土地はあっても、地番の無い土地は無いのですね。
よって不動産取引や登記では地番を使うのです。

反対に郵便は住所を書かないと届きませんよ!
土地に出す郵便ってありませんから。

地番は普通の地図やネットでは調べることができません。
(大字の地区は住所と地番が同じことが多いですが・・・) 
地番が分からなければ登記情報も調査できないのですから
まぁ分からなくてもイイや・・・とはいかないのです。 

地番を調べるにはゼンリンのブルーマップというものが
(住宅地図に地番がブルーで書いてあるから?)
便利なので一般的に使われています。 

他に地番の調べ方があったらご存知の方、教えてください。
私の認識ではゼンリンの独占状態・・・ 

今やこのブルーマップはデータ化されただけでなく、都市計画の
用途地域や公示地価、路線価なども同時に重ね表示させることができます。
調査や査定の材料がワンタッチで揃っていきます。

この「ゼンリン」さん、不動産業界には必要不可欠な会社なのです。

しかし、毎日暑いですね~
昨日は新築戸建を買って頂いたお客様の建物詳細説明に
立ち合ってきましたが、腕が疲れるくらいうちわを振りまくって
きましたよ。 あと2ヵ月こんなかんじかなぁ?
 

関連記事

  1. 新鮮な物件情報を得るには?

  2. 宅建業者法定研修会に行ってきました

  3. お手軽 寒さ対策

  4. 瑕疵担保責任は負いません

  5. 不動産屋さん「どこまでやるの」

  6. 住宅の耐久性は上がっているのに家庭の耐久性は?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。