キーボックスはどれだ?

こんばんは。細淵です。

キーボックスというものがあります。

こんな感じで、4桁の番号を合わせると
ボックスが開いて、物件のカギを取り出すことができます。 

空室の案内などで、カギを借りたい時に、いちいち
物件元の不動産会社にカギを借りに行くのは大変
なので、利便性のために物件の現地に取り付ける
ものです。

案内したい時は物件元に名刺をFAXして暗証番号を教えて
もらい、案内します。(セキュリティレベルはすごく低い)

暗証番号を知っている人が沢山いるでしょうから、何か
あった時に犯人を特定するのは難しいでしょうね。
頻繁に暗証番号を変える物件元会社も少ないです。

アメリカは暗証番号ではなくICカードを差し込むそうです。
このICカードは不動産会社の従業員なら持っており、
どこの会社の誰がいつキーボックスからカギを取り出した
かは、全て記録されます。
(こういう所は本当にアメリカ人というのはスゴイ) 

さて、本日物件の内部写真を撮るために、物件元に
暗証番号を聞いて、現地に出かけました。

なんと同じような場所にキーボックスが3つ!

ドッキリカメラかな?と思って周りを見ましたよ。

総戸数の多いマンションだと、一度に3戸売り出し中とか
ありますので、たまたまそんな状況に当たってしまいました。(泣)

一つ一つ暗証番号を入れていきますが
こういう時って正解は最後のボックスなんですね・・・ 

 

関連記事

  1. 春の新生活応援キャンペーン実施中!

  2. 相続物件を放置しておくとマズイですよ

  3. 老人のお金を使わせようとし過ぎ

  4. 不動産のことでしか役に立てませんが・・・

  5. 管理費・修繕積立金(2)

  6. 自動運転で物件調査へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。