キャンセル

こんにちは。細淵です。
不動産の仕事に限らずですが、申込や予約には
「キャンセル」という事が起こります。
影響が軽微なキャンセルもあれば、大きな影響と
違約金を伴うようなキャンセルがありますが、
いずれにしても一度約束したことを反故にする訳
ですから、法的拘束力や違約金が無いとしても
道義的には非常にまずい行いです。
世の中では「ドタキャン」とか「バックレ」とか
キャンセルを軽く、甘く見るような言葉が多く使われ
ていますが、私たちはそれに倣いたいとは思いません。
「よく考えて、迷っているなら申込みはやめてください」
とお伝えしております。
同業者の中には、「とりあえず物件を押さえましょう」などと
申込を軽く扱って、簡単にキャンセルしてくる方々も
いますが、それは立派な行為でないですよね・・・
そういう業者さん経由で物事を進めて大丈夫でしょうか?
もし、今依頼している業者さんがそのタイプでしたら
お別れすることを強くおすすめしたいと思います。
「キャンセル」は約束の反故である以上、必ず相手に
迷惑をかけますので、思慮深く、落ち着いて意思決定
したいものです。
約束しなければキャンセルも無いのです。
やむを得ずキャンセルする場合、誠意をもって事情を
相手に伝え、ペナルティが無いとしても、それが当然
の権利であるかのような態度は避けたいですね。

関連記事

  1. もうすぐ10年のお客様のお家に行ってきました。

  2. 定着しなかった不動産オークション

  3. 車庫・カーポート・カースペース

  4. 評価証明なんて取っちゃダメ

  5. 大掃除お役立ち情報

  6. タッチの差で・・・・・

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。